鍼灸推拿

このエントリーをはてなブックマークに追加

中医鍼灸

鍼、お灸、及び推拿、漢方薬は本当に効きますか? 間違いなく、よく効きます。 効かなければ、今の14億人口の中国にならないでしょう! 効かなければ、1000年、2000年、3000年以上継承し、世界中に広がることはなかったでしょう! 

ツボって言葉は良く聞きますが、では、ツボって何?なかなか説明できないかもしれません。中医鍼灸・中医推拿の治療にはツボ(経絡)が基本となります。 では「ツボ」を押せば必ず良い効果が出るのでしょうか?それは大間違いです。ツボというのは漢方薬の処方と同じです。症状によって数種類から何十種類の漢方薬を混ぜ、量によって調剤します。このツボ、そのツボ、何回、どのぐらいの強さで、どのように刺激するか、その時の症状、持って生まれた体質、男女、年齢、家族、仕事、季節などを考慮し、調整して施術します。料理のように調整します。これは苦い、それは辛い、あれは甘い・・・美味しい料理には味のバランスが大事ですね!これが味の深みや広がりに繋がっていきます。 特にヒトの体は時間と空間の影響で「子午流注」によって治療します。一日12個の”時辰からなります。夜の11時から午前1時までを”子時”といい、昼の11時から午後1時までを’”午時”といいます。12個の時辰が12個地支に対して、同時にヒトの各臓器に対して気血の運営の順番に合わせるための治療方法です。 最近、現代西洋医学で『時間遺伝子治療』が行われるようになりました。抗がん剤を投薬する時、ヒトの体に対して副作用を最小限に抑え、最大限に薬性を発揮するというものです。これは「子午流注」を利用していると言えるでしょう! 人によって、症状によって、地方によって、季節によってより正しい治療方法でより自然に生きていくのは我々の本質でしょう。つまり、鍼灸治療はツボや経絡を刺激することにより自己免疫力を高め、人が本来持っている自然治癒力に働きかけることで病気や怪我からの回復を促進します。 中医鍼灸推拿は養生のため、病気を治すための効果が出るように心を込めて施術します。東洋医学では「酸、脹、重、痛」という、人の感じる感覚を大切にする考え方である得気があります。 痛いから治療したくない、痛くないように治療してほしいという方には、三吉をお勧めすることはできません。鍼の手技は内病外治の特徴であります。数十年の経験を積み重ねた先生達の技術によって患者さんの体の大事な反応を聴き取り。『痛い』という感覚とは異なったものです。もちろん、より良い治療結果にするためには、患者さんと先生の信頼関係がとても大事です。できるだけリラックスして治療を受けることで、鍼の刺入する違和感がかなり変わります。鍼灸治療は中国では3000年以上の歴史があります。鍼の手技は内病外治の特徴であります。 鍼灸の治療は痛いイメージという感覚が強いですが。中国鍼が体に刺入する時、ツボは経絡によって、『重い、痺れる、張り感など』があります。それは鍼の治療に対して必要な反応です。 中国鍼臨床に良く使う手法

  挑鍼刺法 

中医推拿

中医推拿とは単なる伝統医学にとどまりません。長年の臨床と研究を経て、現在も中国の病院で用いられています、外科、内科などと並んで推拿科もあります。推拿では未病先治、コリや痛みはもとより体の不調全般にわたる治療や康復(リハビリ)などを行っています。 中医学とは人間が生理活動を営む源であると考えられています。よく言われる「気が滞る」というのは、この生命活動を支える経絡の流れが悪い状態を示します。その気の滞りによって、内臓機能が低下し血流、新陳代謝が鈍くなり慢性的な持病に繋がるようになるのです。病気になる前の未病段階で体をケアするのはとても大事なことです。東洋医学では養生とも言います。

鍼灸推拿の治療範囲

腰痛、神経痛、自律神経失調症、更年期障碍症、脱毛症 小児の疳虫 妊娠中のケア、お産後の骨盤を矯正など 便秘、下痢などの胃腸、 肝機能、腎臓病などの内臓疾患 交通事故後遺症

治療費と時間

  • 中医鍼灸治療:鍼は5000円 ;お灸は600円。治療時間:症状によって60分前後
  • 中医推拿治療:10分コース1600        ②20分コース3200
  • トップページへ